掲示板
宮本 光男さんの投稿記事
 コメントを書く   投稿日付:2021-10-04 05:44:00

2021-10-4(月)UFO UFO残骸ハンター考察5:
Google画像の位置 71°N 53°Wにある 北極グリーンランドのウナマックフィヨルドに見える 全長4000m 幅2761m の巨大物体の角から直径20mの
パイプが海に伸び14km先の海に見える赤色でぼかした部分で画像上は消えている。その上空に調査用か偵察用の飛行機が見える。上空からは点に見えるが妻がその光っているものは何?と見つけてくれた飛行機。
この巨大物体の端から海面を降りて行くと 赤と緑の整然とした階段状幾何学的物体は何?この階段は 石川県羽咋市の沖合でも発見した、形は全く同じ。
海底で小さな光も同じ。海底都市の可能性大。
ではこの巨大物体の直径20mのパイプがなぜ14km先の海にまで伸び
赤くぼかしたものは一体何?飛行機は何故このボカシの上空を飛行しているのか? 全くの偶然か? わからないのは 直径20mのパイプが14km先まで伸びていること。ここまで伸びているのは ここでしかできないから?
違った物質を運ぶため? 生命維持装置があるフィヨルドでは処理不可能なものを遠くまで運んで処理する? または飛行機の下で作業し発掘した物質を巨大物体まで運搬し 海底にすむ生命体に供給するため?なぜ14km先か。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このコメントと同じ都道府県の最新コメントです
対象道府県:石川
投稿者:宮本 光男 投稿日:2021-10-04 05:16:00

2021-10-4(月) UFO残骸 ハンター 考察4: 昨夜ふと目が覚めた。あの
佐渡島の沖合で GoogleEarth画像で見た 同心楕円状の透明な太いパイプである。ああ思い出した。私は定年直後まで タバコを吸っていた。たばこの煙を口から出すときに 時々 ふざけて 同心円状の煙を順序よく出して 空中に漂うのを見て
楽しんでいた。あれと同じだ。海底に住む生命体維持装置から 吐き出される何らかの物質ではないか?
そのパイプの直径は 愛知県の矢作川物体のパイプは1.5mだが 海のものは
16mから24mと大きい。なぜか? 琵琶湖の水深は103mだから これよりも矢作川水深は浅いだろう。海の底は水深5000mとか1万mと深い。
生活環境の水中のボリュームに比例してパイプ径が変わるのでは?ではところどころパイプ内に見える黄色い点(矢作川の場合)とか 透明内のパイプに映る
複数の金属製?パイプ(佐渡島の場合)は何のため? パイプ内を通過する物質の調整弁? このパイプは矢作川物体のある部分では規則正しく図面を書いたように並んでいたり イカの足のように不規則に伸びていて パイプ端部は切り口がはっきりして開放されている。豊橋の河川事務所はGoogleEarthで確認後
矢作川の魚を捕獲する漁具でしょうと言われたが 少しパイプ径が太すぎて
違うと断言できる。川と海の違いは 塩分すなわち塩化ナトリウムの量。
海の中で生息する生命体と川で住む生命体との差は? 塩分だけか?
矢作川やブラジルの川底と 佐渡島 石川県羽咋市沖合 伊勢湾などの海底の差は?なんなのか? 疑問はますます拡大していく。洗面台で顔を洗ったときの水道の水は排水口で 左廻りの渦を巻く。これは地球が北極上空から見て
地球が左廻りに自転しているからである。例の同心楕円状の渦もこの地球の左廻り自転が影響しているのだろうか? それとも矢作川の巨大部物体は太古の昔に生命を閉じ大きな遺物となったのか? それに反し 佐渡島物体は以前として生きており、その差か? 松井孝典先生はどのようなお考えをお持ちでしょうか?

投稿者:宮本 光男 投稿日:2021-10-04 02:22:00

2021-10-4(月)UFO またはUFO残骸ハンター:考察3:GoogleEarthに出会うまでは 趣味は主に映画 特に米国の戦争映画 また宇宙人関係のETや スピルバーグの未知との遭遇(第三種接近遭遇)、スピルバーグ監督はこの映画を製作するにあたり有名なUFO学者の意見を聞いたそうな。アインシュタインの相対性原理で
人間は光の速さで飛ぶUFOで移動する場合 人間はもちろん他の動物も年を取らないそうな。ミラーの前に立ってひげをそっているが 鏡の中に映る自分自身は
すでに過去の自分である。しかしそうは思えない 光の速度が速いため。
未知との遭遇では 1944年の太平洋戦争で行方不明になった米国の戦闘機パイロットは最後 年を取らずに現代に出てきたシーンがあったがまさにそれである。琵琶湖大橋で気絶した3人の男性(車の中で)も光の速さでどこかに連れ去られ帰国した可能性も考えられる。ただ車は琵琶湖大橋の手前から渡り切った場所に無意識のうちに移動させられ バーテリーもガソリンも完全になくなっていた。車ごとUFOに連れ去られた可能性も考えられる。
今回のこの約1か月にわたるUFOやUFO残骸のGoogle画像に沢山出会えたが、
ふと思った。米国NASAもしくはGoogle社はなぜ 鮮明度の高いUFO残骸を完全にのこしたのか?とくに南極のミステリーサークル はっきりとわかる2機の
UFO(氷の海中に半分沈んでいる、それも全長13000mの物を)
米国国防省はそろそろ人類は 地球外生命体が 太古の昔からやって来て 何らかの事故に出会ったかもしくは自然現象(地球磁気の反転、氷河期時代)などで
滅び 逃げられなかった残骸が 南極の陸地 南極の近くの海底に眠るおびただしい数のUFO残骸、日本海 に沈む巨大UFOの残骸 富山湾の海底に沈む巨大タコ型物体の足元からの発光現象、北極のフィヨルドの巨大物体の下にかすかに光る街並み、石川県羽咋市の沖合底の規則正しいコンクリートブロック形状の赤と緑の階段ならびにかすかな発光現象、これらを総合的に考察すると
太古に地球にやってきた地球外生命体は 陸地(天山山脈やグリーンランド、アメリカマッキンレー山脈、アフリカの酷暑地帯など) では生き残れず、かろうじて生き延びた連中は 地球の人類に悟られずに 生きようと 琵琶湖、伊勢湾、洞爺湖、瀬戸内海 北極の海底、日本海近海などに今も生き続けていることを暗示させるため Googleの画像のぼかし方は中途半端にわざと高い鮮明度を残しているのではと思う。完全に知られてほしくなかったら そこの画像を 他の画像に交換するだけでOKなのにと思う。でも人類はユーチューブなどの鮮明度の高いUFO残骸や二本足歩行するエイリアン画像でなんとなくその事実の真実性に気が付いていると考える。映画ETの主人公のように 人類はエイリアンに
友よと呼びかけるべきではないか。そのような時代が来つつあるような気がしてならない。これが今回の大量にわたるUFOおよびUFO残骸のGoogleEarth画像でのハンターの結論です。最後までおつきあいくださいましてありがとうございます。宮本 

投稿者:宮本 光男 投稿日:2021-10-02 03:00:00

2021-10-2(土) 北極 グリーランド のウナマック フィヨルド 位置75°N
60°W GoogleEarthで下に降りて行くと 緑色で カモフラージュされた
色が 黒い物体(全長4500m 幅2671m)とそのキャップみたいなものが
見えます、角から斜めに茶色のパイプ(径20m)が伸びており 14km先まで
直線状に伸びています、14km先に海中が赤くボカシが入っており その上空に飛行機が見えます。偵察用飛行機でしょうか?
この巨大物体の端を 下に降りて行くと 赤と緑の規則正しい階段状のブロックが見えます。その奥に行くと 四角い家のようなものが見えます。光も見えます
海底都市でしょうか? この階段状ブロックは 石川県羽咋市の千里浜ドライブウエーの沖合約1358kmの海中にも 赤と緑の階段状物体が見えます。
階段幅は 49mあります。まわりに2021GOOLEマークが沢山あります。
この沖合に行くまでの海底に複数個所 光が見えました、海底都市でしょうか?
羽咋のこの海岸では ある主婦が 円盤型UFOがカメラに収められ 羽咋市職員がこれを町起こしに利用。何回か訪問しましたが UFOまんじゅうの販売、
レストラン屋根に大きな円盤の模型がありました。宇宙科学博物館コスモアイル羽咋という施設このも結果でき 多くの観光客がおとづれました(私も3回訪問)この円盤が目撃されたということは 羽咋沖の海底都市から飛び立ったか
帰宅して電気をつけて明るくしたか?羽咋沖の位置 36°51’50‘’N
136°44’33‘’E 海中に2021GOOGLEマークが沢山あるところは
隠したい大切な宝があるのですよ。グリンーランドも同じ。